2023年もよろしくお願い申し上げます!

旧年中は大変お世話になりました。
2022年はTHE RABBITS’ BASE/ブレ恋!にとって、音楽作りや上映会、講演会など、新しいことに挑んだ年でした。

そして2023年は卯年!うさぎの基地から、楽しい話題を発信していきたいと思います。

今年もよろしくお願いします。

国立筑波大学医学群看護学類 ブレ恋!上映 大好評❤️

2022年12月2日、ブレ恋!を筑波大学医学群看護学類の特別授業で上映することができました!
そのあとで鹽野の講演もさせていただきました。

長時間でしたが、70人あまりの2年生の学生さんたちは、飽きることなく見て、聞いてくださって、終了後には暖かいいコメントをたくさんいただきました。一部をご紹介します。

<リアルな患者さんの思い、明るい未来を信じる大切さを知った>
病気を患い、生命の危機に直面した人々が作り上げた劇とは思えないほどの力強さ、迫力を感じました。患者に希望と勇気を与えるべきはずの医療者が、反対に元気をもらい、病気との向き合い方について考えさせられました。
最も印象的に残っているのは、「ペット検査?」「サブタイプ?」と、

“国立筑波大学医学群看護学類 ブレ恋!上映 大好評❤️” の続きを読む

ブレ恋!国立大学医学部で上映決定!筑波大医学群看護類の授業で見ていただくぴょん。

今週金曜日12/2 なんと筑波大学医学群看護学類の授業でブレ恋!を上映してくださることになりました。
午後の授業4コマぶち抜きで鹽野の講演つきです!

“ブレ恋!国立大学医学部で上映決定!筑波大医学群看護類の授業で見ていただくぴょん。” の続きを読む

2大ネットメディア掲載!

本日2022年11月16日、2つのあったか〜いメディアが、ブレ恋!についての記事を掲載してくださいました。

医療出版界の大手老舗である医学書院さんの看護師さん向けwebマガジン「かんかん!」
そして、横浜のお役立ち情報を届けているLOCAL GOOD YOKOHAMA(おたがいハマ)さんです。

「かんかん!」さんには、ブレ恋!アンコール配信とM-POP「恋する標準治療!Short Ver.」0円リリースについて、鹽野の拙文を掲載していただきました。

“2大ネットメディア掲載!” の続きを読む

<開催延期> ディナー上映会! 地域食堂の「あかり食堂」さんとピンクリボンコラボ


本イベントは、スタッフにコロナ感染者が出たため、開催を延期いたします。ご予定していた皆様、大変申し訳ございません。リベンジにご期待ください!

多国籍、多世代を巻き込んだ地域コミュニティ作りのため行われている「あかり食堂」さんとのコラボによる、”ブレ恋!ディナー上映会”を、2022年11月19日横浜市関内(馬車道)で行います。
ただいま予約受付中です。

“<開催延期> ディナー上映会! 地域食堂の「あかり食堂」さんとピンクリボンコラボ” の続きを読む

ブレ恋!サントラ発売記念 舞台動画配信開始!!

期間限定 の超お得な39セット 舞台配信チケット&サウンドトラック

2022年もピンクリボン活動!乳がんコミュニティーのための創作劇 ブレ恋!の舞台公演動画を配信します!そして、なんと、舞台音楽のサウンドトラックアルバムも新発売!
画像をクリックするとショップへリンクします!0円のサンプル商品もありますので、ぜひ、遊びに来てください!

配信番組「HAMACCO PRESS」にブレ恋!登場❤️

横浜で気になる活動をする人を紹介する配信番組「HAMACCO PRESS」さんに2022年4月27日(水)夜10:00-11:00、ブレ恋!脚本・演出の鹽野佐和子SARAが出演します。

ブレ恋!の舞台動画や歌も流れるかも。そして意外な鹽野の過去と現在もあばかれるらしいです。

パーソナリティは横浜のエンタメ界の巨匠・川本翔大さん、そして横浜在住&プロ野球芸人のスレンダーパンダさんです!

どんなトークになるか、楽しみです!

ピンクリボン月間オンライン観劇会&配信、大成功でした!

2021年ピンクリボン月間のオンライン販売は、すべて終了し、おかげさまで合計124件のご参加をいただきました。

(10月16日日本オンライン観劇会30件、18日アメリカオンライン観劇会20件、23日〜アンコール配信74件)

多くの方にご覧いただき、まことにありがとうございました。

またアメリカのwecolla様、日本のおしゃべりサロン様に開催の御協力をいただきましたことを心からお礼申し上げます。

今回もメディア(横浜タウンニュース北部様、医学書院Webマガジンかんかん様、LALA TV様)でご紹介いただきましたこと、あらためて感謝しております。メディア掲載とともに、みなさまの感想も後日あらためてアップさせていただきます。

なお収益の一部を、アメリカで日本人女性の医療をサポートするJapanese Share様とWecolla様に寄付いたしました。

また、いつかどこかでお目にかかりましょう。