ブレ恋とは?

乳がんコミュニティのための、乳がんサバイバーによる創作劇

ブレストウォーズ 恋する標準治療!

女の胸はときめくためにある。

日本人女性の10〜12人に1人は乳がんに罹患する現代において、残念ながら、ほとんどの人がこの病気と治療について予備知識を持ち合わせていません。患者は告知を受けた動揺の中で、想像もつかない治療法の選択に迫られ翻弄されます。また、胸を切ることに対する葛藤を家族・友人に理解してもらえず、孤立することも、しばしば。医療者と最善のコミュニケーションを取れるとも限らず、苦悩は深まります。

そのような背景を踏まえ、舞台「ブレストウォーズ 恋する標準治療!」は企画されました。横浜を舞台に乳がん告知を受けた48歳の平凡な女性が葛藤しながら成長し、自分に最適な治療方法を、「この人」と思う医師と共に選びとるまでをメディカル・ラブコメディで描きます。

笑いあり、涙あり、歌あり、ダンスあり。胸踊る舞台を、演劇未経験者を含む患者たちにワークショップを経て自らの手で創作していってもらいます。すべての乳がん患者・サバイバー・医療者・関係者に捧げる「乳がんコミュニティのための演劇」です。